さて、どうしましょうか。

ニュース&沖縄生活ブログ。
垂れ流されるニュースを聞いて思ったことや、沖縄生活での日常などを徒然に。




不発弾爆発
昨日のことですが。

昼のニュースを見て
びっくりびっくり

工事現場で不発弾爆発!? 作業員男性大けが 沖縄

実際、米国製の125−250キロ爆弾だったようでつ。。。

不発弾は磁気探査などで発見することができるが、
今回の工事の場合は磁気探査を行っていなかった。

理由としては、岩盤の関係で出づらい場所であったから。
磁気探査は義務でないから。
そして、探査費の問題。


今回の工事の場合、工事前の磁気探査にかかる費用を
国は出していなかった。

不発弾を探査するための費用が自費であれば、
工事をするのに余計な費用がかかることになる。

いったい、誰のせいで、そんな余分な出費をしなければならないのか。
不発弾を落としたのは誰なのか。
不発弾を落とさせるような原因を作ったのは誰なのか。
| 鳥頭 | 沖縄の | 21:19 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://blog.bonbon-voyage.net/trackback/856401
不発弾は誰が責任を持つのか
不発弾補償 検討せず/政府、初の公式見解 によると 「不発弾対策は、戦後処理の一環で国が責任を持つとともに、住民の安全確保の観点から地方公共団体も責任を持って行っている」 と国は言っている。 不発弾対策:補償制度を「研究」 河村官房長官 なんていう
| さて、どうしましょうか。 | 2009/02/04 12:00 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。 にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ

+ PROFILE