さて、どうしましょうか。

ニュース&沖縄生活ブログ。
垂れ流されるニュースを聞いて思ったことや、沖縄生活での日常などを徒然に。




グリーン・ニューディール
環境で不況を吹き飛ばせるか 〜動き出したグリーンニューディール〜
というテレビ番組を見ています。

環境ビジネスを推進するというのは、
何年も前からいろいろな人が言っていたと思いますし(私も言っていた・笑)、
私もお金と場所があれば太陽光発電やシグナスミルを導入したいと、ずっと前から思っています。
実現はしてませんが。。。

長期的にみれば、経済的にも悪くない策だと思ってはいるのですが。。。


エネルギーを含め、様々なものを海外に依存している日本が
一番に推進しなければならない政策だと思いますが、
やはり、政治としては無策。
アメリカのグリーン・ニューディールを受けて、
徐々に動き出すという状態ですね。


日本企業の技術は世界に誇るものがある。
アメリカは世界に誇る政治力がある。
国力を使って技術力を高めようとした場合、
個々の企業の技術力しか頼るものがない(政治はあてにならない)
日本は、圧倒的に不利ですね。

半導体の二の舞です。

まぁ、そういう政策が自由経済的にいいのか悪いのかは
わかりませんが。。。

10倍増へ 太陽光発電に光なんてことを、いまさら始めてますけど、ほんと、人まねの政策しか作れない人たちですね。
(私が知らないだけかもしれませんけど)
| 鳥頭 | テレビ/DVD | 20:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
 米国の一人当たりの二酸化炭素放出量は日本の約二倍、またGDP当たりの放出量もほぼ二倍です。 つまり無駄ばかりの国であり日本並みの省エネを行うだけで排出量は半分にできるはずです。 現在日本では条件は限られていますが高速道路の利用料金を千円にする政策や巨大な景気対策をおこなうようです、これらは確実に二酸化炭素を増加させます。 つまり方や二酸化炭素を減らそうといいながら二酸化炭素の排出を増加させようとしているという矛盾だらけの政策を行っています。 一般庶民からは金を巻き上げ財界に資金を投下するといった発想でしかないように思えます。
| | 2009/03/19 8:42 PM |
同感です。
| 鳥頭 | 2009/03/21 11:16 PM |









http://blog.bonbon-voyage.net/trackback/931639
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。 にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ

+ PROFILE